にこにこで卒業しましょう

将来、歯科医師となるみなさんへ CLO佐野司のブログ

勉強方法

RALS(ラルス)って? その1

いきなりですが、RALS(ラルス)ってダンスチーム? いえ、ちがいます。 RALS(ラルス)は放射線治療のひとつです。 放射線治療は外部照射と内部照射の2つに分けられます。 外部照射は体外から放射線を照射する方法です。X線や電子線を照射するリニアック…

復習はどのくらいの間隔でやるのがいいの?

記憶には復習が大事だということはよくわかりますが、復習はどのくらいの間隔で行うのがよいのでしょうか? ドイツの心理学者・エビングハウス先生が、ランダムな単語を10個記憶し、それらをどのくらい覚えているかという実験を行いました。その結果、今では…

効果的な繰り返しの学習って?

今回はタイトルどおり、効果的な繰り返しの学習についてお話したいと思います。 よくいろいろな先生方が引用されるある実験があります。 パディー大学での実験です。実験に参加してもらったのはワシントン大学の学生で、覚えることが難しいとされるスワヒリ…

出力するって大事!その2

前回、読んだり、聞いたりする入力よりも声に出したりする出力のほうが記憶できそう、というお話をしました。 さて、今回は、教科書や参考書を繰り返し見直すことと、問題集を繰り返し解くことのどちらが記憶にとって効果的か、を考えてみましょう。 現在、…

出力するって大事!

ダイヤモンド社の『チャンスがやってくる15の習慣』(レス・ギブリン著、渋井真帆訳)という本をご存知ですか? 基本的にコミュニケーションのスキルをあげてくれる内容ですが、下の項目をみただけでも人間関係を良くさせてくれそうな内容ですよね。 1.人間…

思い込ませてくれればできる!の話

今回は前回の”思い込めばできるの話”に引き続き、“思い込ませてくれればできる”の話をさせていただきたいと思います 。 皆さんピグマリオン効果をご存知ですか? ピグマリオンという王様が、美しい女性の彫像を作り、 それに対し毎日毎日本当の女性になって…

思い込めばできる!の話

卒業試験は大丈夫かな?定期試験は大丈夫かな? 試験勉強をしているときに、こんな不安を持ったことがあるかたはかなりいらっしゃると思います。 では、その時、どのように思うと試験を通ることができるのでしょうか? 社会学で、マートンという先生が唱えら…

TNM分類、その3  N分類もつっこみましょう!

さて、前回、T分類を少しつっこんだので今回は、N分類もつっこんでみましょう! お決まりの“ここから覚えるTNM分類”です。 T1 最大径が2cm↓ T2 最大径が2cm-4cm T3 最大径が4cm↑ T4 隣接組織に広がったもの N1 癌と同じ側の1個のリンパ節転移で最大径が3cm↓…

TNM分類、その2 T分類をもう少しつっこんで

前々回の“ここから覚えるTNM分類”、制覇できましたか? 復習です。 ここから覚えるTNM分類 T1 最大径が2cm↓ T2 最大径が2cm-4cm T3 最大径が4cm↑ T4 隣接組織に広がったもの N1 癌と同じ側の1個のリンパ節転移で最大径が3cm↓ N2 N1、N3以外のリンパ節転移 N…

TNM分類、どこから覚えればいいの?

TNM分類は、UICCという学術組織が腫瘍の特徴を医療従事者で共有し、その治療や管理に役立てるために開発されたシステムと認識しています。 TNM分類は、それぞれ T (tumor) → 腫瘍 原発腫瘍(がん)の最大径と進展範囲による分類 N (nodes) →リンパ節 リ…

起始と停止?どっちがどっち?

前回紹介した問題を再度、解いてくださいますか? 1.(歯科医師国家試験第100回 A-61) 下顎骨に起始するのはどれか。 a 側頭筋 b 外側翼突筋 c 顎二腹筋後腹 d オトガイ舌骨筋 e 茎突舌骨筋 正解はdのオトガイ舌骨筋ですが、下顎骨に起始するのはオ…

どっちを先に勉強する?

本来は、勉強することにどれが先?どちらが先?なんていうことはないはずですが・・・。 でも、皆さんには限られた中で最大限の勉強の効果をあげて、少しでも勉強以外のやりたいことをしていただきたいと思っています。 今回は、前にお話をしたお伝えしたい“…

進級するための効率的な勉強法は?

大学は、本来は、先生方が学生の皆さんに、“学問”をしていただくように導く(指南する)ところです。“学問”を通して、皆さんもご存知のように歯科医としての知識、技術、態度を身につけていただくのが理想と考えます。 しかし、現状はどうでしょうか?CBTや…

はじめまして

ADOの佐野と申します。 ADOは、歯学部・歯科大学の学生の皆さんが卒業時にしっかりとした歯科力を身につけることを目指す塾です。 大学では、教員の先生方がいつも皆さんを見守ってくださり、ご指導してくださっています。しかし、私自身も歯学部学生のとき…