読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこで卒業しましょう

将来、歯科医師となるみなさんへ CLO佐野司のブログ

別のインド料理とカレー。悪性貧血のお話。

お話 貧血

貧血は、多くの場合、青白くなる(皮膚・粘膜の蒼白)、息切れ、動悸、疲れやすい(易疲労性)、倦怠感、立ちくらみなどが症状としてあらわれるものを言いますよね。

貧血には多くのものがあります。
その中で最も多いのが鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血は、小球性低色素性貧血のひとつで、言い換えると赤血球のサイズが小さく(MCVが小さな値)、体内に酸素を供給するヘモグロビンの量が少ない(MCHCが低い値)状態です。
名前のように、鉄が足りないことが原因です。

さて、巨赤芽球性貧血という貧血があります。これは、大球性正色素性貧血のひとつで、言い換えると赤血球のサイズが大きく(MCVが大きな値)、ヘモグロビンの量が正常である(MCHCが正常値)状態です。
(あれ?赤血球のサイズが大きくて、ヘモグロビンの量が普通なのになぜ、貧血になるの?・・・このお話は別の機会にさせてください。)
巨赤芽球性貧血の原因はいくつかありますが、ビタミンB12葉酸が足りないことがよく言われます。

次に悪性貧血です。
悪性貧血は、かつては原因や治療がわからない大変な病でした。
悪性貧血は、舌の痛みを伴うHunter舌炎も伴います。
1934年のノーベル生理学・医学賞の受賞者であるウィップル、マイノット、マーフィの3人の先生が原因をつきとめました。
ビタミンB12が足りないことでした。
悪性貧血は、大球性正色素性貧血のひとつです。
あれ?これは、巨赤芽球性貧血では?
巨赤芽球性貧血と悪性貧血、同じなのでは?と思ってしまいますよね。
実は、悪性貧血は、自己免疫が関与する胃粘膜に関連する異常(胃粘膜の萎縮による内因子不全)があり、ビタミンB12が吸収できなくなることにより生じると考えられています。
そうなのです。巨赤芽球性貧血の中に、悪性貧血があるのです。

今回は、インド料理が巨赤芽球性貧血、カレーが悪性貧血というお話でした。

放射線とX線は、インド料理とカレー?

放射線 お話

 

歯科放射線学を苦手とされる方は、最初に放射線とX線の区別がつかないので嫌いになった、というお話をお聞きします。

ずばり、放射線が“インド料理”、X線が“カレー”です。

エックス線は、放射線という大きなくくりの1つです。

 

放射線というのは、その辺を含めて空間を飛んでいる小さな粒でエネルギーを持っているものをいいます。

え?何それ?というさらにわからなくなってしまったらゴメンナサイ。

放射線には、“光”の性格を持ったものと、“粒子”の性格をもったものがあります。

X線は、“光”の性格を持ったもの(電磁放射線)で、実は、電波や赤外線や可視光線、紫外線と同じ仲間に分類されます。

電波や赤外線や可視光線って、X線と違って体に影響がなさそうじゃない?(紫外線はちょっとお肌に悪そうだけど・・)

なんで同じ仲間なのに、X線は服を通して体も通り抜けるの?

これは、上のすべてが波の性質を持っていますが、強さは “波の短さ”によります。

上手なサーファーの方は、波がどんどん来る海が好きです。

どんどんくる波は、とても強い印象を受けますよね。

どんどん来る波は、1つの波が短い波ですよね。

電波や赤外線や可視光線は長~い波で、X線は本当に短い波なのです。

 

X線と同じように、核医学検査で用いられるガンマ線も短い波です。

X線もガンマ線も短い波長なので、エネルギーが高く、体も通り抜けることができるのです。

 

X線は放射線の中で光の性格をもった電磁放射線で、エネルギーの高いものなので、ガンマ線と同様です。

カレーを食べるとき、思い出してもらえるとうれしいです。

折角のカレーがおいしくなくなってしまいますかね?

 

進級するための効率的な勉強法は?

勉強方法 進級 CBT 国家試験

 

大学は、本来は、先生方が学生の皆さんに、“学問”をしていただくように導く(指南する)ところです。“学問”を通して、皆さんもご存知のように歯科医としての知識、技術、態度を身につけていただくのが理想と考えます。

しかし、現状はどうでしょうか?CBTや国家試験といった、多くの領域にわたる知識を必要とする難関が学生さんの前に立ちはだかります。それにより、大学の先生は、致し方なく、本来の“学問”の教育と現実的にCBTや国家試験を通るための教育を一緒に行わなければならないのです。当然、進級には、両方の達成が必要ですが、進級に必要なのは、CBTや国家試験を通るための勉強の部分が多いと感じます。

CBTや国家試験を通るための勉強は、“こつ”を覚え、“繰り返し”行えば、案外楽なことに気づきます。学生時代は、勉強も必要ですが、趣味や楽しいことをして自分をほっとさせる時間はもっと必要かもしれません。勉強方法に悩んでいる方は、一度、無料個別指導体験で“こつ”の一部分を見にこられませんか?

 

はじめまして

ご挨拶 勉強方法 講師

 

 

ADOの佐野と申します。

ADOは、歯学部・歯科大学の学生の皆さんが卒業時にしっかりとした歯科力を身につけることを目指す塾です。

f:id:ado-shigakubu:20160908125418j:plain

 大学では、教員の先生方がいつも皆さんを見守ってくださり、ご指導してくださっています。しかし、私自身も歯学部学生のときにそうでしたが、“これで勉強大丈夫かな?進級できるかな?CBT大丈夫かな?卒業できるかな?”という不安はいつも学生の皆さんについて回ると思っています。

そんな時に、ADOのドアをたたいてください。

f:id:ado-shigakubu:20160908103937j:plain

当塾の講師陣は臨床系科目を中心にもちろん基礎系科目や教養科目に関しても教えることに情熱を持った優秀な先生方ばかりです。当塾で受講された方々は確実に成績を伸ばされています。どんな塾なのか、大丈夫かな?など不安はあると思いますので、ご友人とご一緒でもお一人でも是非、一度お立ち寄りください。

 

歯学部学生個別指導塾ADO 

CLO(最高教育責任者)佐野 司

http://alldentaloffice.co.jp/